ホーム>スタッフブログ>2015年6月

2015年6月

七五三の豆知識

髪置き、袴着、紐落し、帯解き

古来の七五三の形は「髪置き(かみおき)」、「袴着(はかまぎ)」、「紐落し」、「帯解き(おびとき)」と呼ばれ、各地各様に男女とも行われてました。

髪置きは2〜3歳の間に行われ、その日を境にそれまで剃って短いままだった子供の髪を伸ばし始める儀式です。

袴着は3〜7歳の子供が、初めて袴をつける儀式です。紐落しは5〜9歳の間に、それまで着物を留めるのに使っていた紐を帯に変える儀式です。帯解きも同様です。

昔は医療・衛生的に未発達で乳幼児の死亡率が高く、成長する子供は幸運とされてました。

「七つ前は神のうち」といわれ、7歳未満の子はまだ神に属するものとされ、神がその運命を決めると考えられてました。そこで人々は数々の儀式を行うことで、子供の無事な成長を祈りました。

7歳のお祝いは、その不安定な時期を乗り越えた節目の儀式でありました。

七五三の豆知識

 
 

現代の七五三

神社で祝詞(のりと)をあげ、お祓いを受ける場合と、ただ参拝してお賽銭(さいせん)をあげて子供の成長を祈願する場合とがあります。

お詣りする日も11月15日にこだわらず、その前後の都合に合わせて行く人も多いです。1ヶ月繰り上げて10月15日のお祝いするのもよろしいと思います。

また、撮影は、夏の日焼けをする前に写真館に来られる方もいらっしゃいます。

 

 

十三詣り

13歳のお祝い

東京では少なくなりましたが、十三詣りのお祝いでお写真を撮りに来られました。

0004-p.jpg

 

0010-p.jpg

 

0013-p.jpg

 

十三詣り

 

お着物の着付けもしっかりと決まってますね。

 

七五三記念写真をスタジオで

品川区旗の台2丁目のスタジオです

 

七五三の写真撮影は、11月がメインのようですが、

最近は夏の日焼け前撮られる方もいらっしゃいます。

また、すでに9月ごろのご予約は始まってます。

特に貸衣装は早めに決められたほうがよろしいと思います。

人気の衣装はご予約が早く入ります。

衣装を何点かご紹介しますので、ご参考にして下さい。

1AO0580000.jpg    0502-0.jpg

0555-0.jpg

0713-0.jpg     0729-0.jpg

0739-0.jpg     七五三記念写真をスタジオで

 

ぜひ、ご来店して頂きご検討ください。

お待ちしております。